スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナショナルデータベースに現場の意見を-日医(医療介護CBニュース)

 日本医師会の石川広己常任理事は6月16日の定例記者会見で、「医療関連データベースの昨今の状況に対する見解」を発表した。見解では「ナショナルデータベース」について、二次利用ありきで環境整備の足固めが進んでいないなどと強い懸念を表明。今後、現場の医療機関や医師らの意見を取り入れ、国民や現場の理解を求めていくべきとしている。

 見解ではまず、政府の行政刷新会議が15日に了承した「規制・制度改革に関する分科会第一次報告書」に盛り込まれた「レセプト等医療データの利活用促進(傷病名統一、診療年月日記載など様式改善等)」の内容などに触れ、医療関連のデータベースについてさまざまな動きがあると説明。その上で、これらの発端はナショナルデータベースの利活用にあるとの考えを示した。

 ナショナルデータベースについては、医療サービスの質向上のために活用するものだが、解決していくべき課題も多いと指摘。「現段階で一足飛びに疫学研究や第三者への提供、二次利用に供することができる位置付けのものではない」との認識を示している。
 さらに、日医が考える問題点として、▽レセプトからは、純医学的分析に資する有用なアウトプットは得られない▽情報の扱いに関するルールやガイドラインなどの環境整備が後追いである▽ナショナルデータベースの扱いに関して、厚生労働省の各局がばらばらに提言をまとめている―ことなどを挙げた。

 その上で、今後に向けた提言として、同省として一体的かつ主体的な施策を提示し、一本化した取り組みを実施する必要性を指摘。また、第三者が利用する場合の制度設計に当たっては、同省の一体的な施策の展開を前提に、国の施策として各省庁と整合性を図った施策を展開するよう求めた。さらに、現場の意見を取り入れながら、国の都合だけで情報を収集・分析しているのではないことを明確にし、国民や現場に対し理解を求めるべきとしている。


【関連記事】
国民ID制度の導入、「反対」が過半数
データ活用の倫理方策、当面は既存の指針で対応―厚労省懇談会
医療データベースの数値目標を了承―厚労省懇談会
レセプト電子化の問題解決「強く訴えていくべき」-日医委員会
提言のとりまとめに向け、議論を開始―データベース懇談会

ワールドカップ出場国をモチーフにしたスニーカー――ルコック(Business Media 誠)
<猪瀬副知事>ツイッターで大阪市長と論争 水道局年収で(毎日新聞)
【ネット選挙~現場報告】(山梨)「W辞任」つぶやきに反響(産経新聞)
<口蹄疫>血液検査再び陰性 エース級種牛5頭(毎日新聞)
<水の事故>女児救おうと41歳女性死亡…千葉・九十九里浜(毎日新聞)
スポンサーサイト

<訃報>伊藤久雄さん85歳=小沢一郎後援会連合会長(毎日新聞)

 伊藤久雄さん85歳(いとう・ひさお=小沢一郎後援会連合会長、伊藤組会長)5月31日、くも膜下出血のため死去。葬儀は16日午後1時、岩手県花巻市若葉町3の16の22の市文化会館。自宅は花巻市桜町4の64の1。喪主は長男智仁(のりひと)さん。

 小沢一郎民主党幹事長の父で元衆院議員の故佐重喜氏の時代から小沢後援会の活動に携わった。

8日に組閣=菅氏(時事通信)
中国大使館に侵入の男逮捕 天安門事件リーダーのウアルカイシ氏?(産経新聞)
【アートカレンダー】「今津景フラッシュ」東京・白金・山本現代(産経新聞)
大野一雄さん死去 「舞踏」を確立(産経新聞)
W杯中、南アに臨時事務所=外務省(時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。