スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゲゲゲの女房」出演の俳優・向井理さんが追突事故(産経新聞)

 NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」に出演中の俳優、向井理さん(28)が東京都世田谷区で乗用車を運転中、追突事故を起こしていたことが22日、警視庁世田谷署への取材で分かった。

 同署によると、追突された車に乗っていた男女が首に違和感を訴えている。向井さんにけがはなかった。

 同署の調べでは、向井さんは22日午前10時半ごろ、同区世田谷の交差点で、信号待ちをしていた車に追突した。同署によると、向井さんは「青信号で発進したところ、前の車が止まったままで追突した」と話しており、同署は前方不注意が原因とみて調べている。

【関連記事】
関ジャニ∞・渋谷、追突事故で運転禁止に
カズの妻・三浦りさ子が追突事故 なぜ続く芸能人の交通事故
NEWS手越祐也さん タクシーに追突事故
相武紗季さんが追突事故 昨年の交通安全ポスターに起用
テレ朝・富川アナが追突事故…相手男性軽傷

淡海一家総長を逮捕 恐喝容疑、逃走手助け役も(産経新聞)
<3カ月予報>5~7月 太平洋高気圧弱く北日本は気温低め(毎日新聞)
<普天間移設>徳之島で反対集会 1万5000人が参加(毎日新聞)
「もう限界」政府に怒りの声…沖縄県民大会(読売新聞)
自民、東京で2人目擁立(産経新聞)

衆院国交委が日航本社視察=経営陣「状況改善」と説明(時事通信)

 衆院国土交通委員会は16日、会社更生手続き中の日本航空本社(東京都品川区)を視察し、大西賢社長らに経営再建の現状を聞いた。視察後、川内博史委員長(民主)は記者団に「1月に公表された再建計画よりは、足元の経営状況は改善しつつあると説明を受けた」と述べた上で、国交委として引き続き再建過程を注視する意向を示した。
 川内委員長によると、日航は「1月の再建計画よりも路線廃止数の深掘りを検討している」と説明。グループ全体で2700人を想定した早期退職も達成できるとの見通しを示した。一方、リストラ案や経営状況の詳細は更生手続き中を理由に説明を避けたという。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
日航など計27便が欠航=アイスランド火山噴火
早期退職、予定の1700人突破=全応募受け入れ検討

性的虐待、56%が1年以上…実父最多34%(読売新聞)
アライグマ爪跡、二条城・平等院…世界遺産台無し(読売新聞)
生活保護受給者に薬物入手依頼か=ネット転売、立件へ-神奈川県警(時事通信)
<行政透明化>検討チーム初会合 6月をめどに関連法改正案(毎日新聞)
春の味覚に舌鼓、タケノコ掘り挑戦 世田谷区(産経新聞)

<中国艦艇>確認時、護衛艦にヘリ接近(毎日新聞)

 中国海軍の艦艇10隻が今月上旬に東シナ海で訓練を行い、沖縄本島と宮古島の間の公海を南下した際、艦艇から発艦したとみられるヘリコプターが、警戒監視中の海上自衛隊の護衛艦「すずなみ」の約90メートルを近接飛行していたことが分かった。防衛省は13日「すずなみの安全航行上、危険な行為」として、外交ルートを通じ中国に対して事実確認と申し入れを行ったことを明らかにした。中国側からは「確認する」との返答があったという。

 海自トップの赤星慶治・海上幕僚長は同日の定例会見で「(ヘリと護衛艦の高度差が)約30メートルだと船のアンテナの一番上ぐらいの高さなので、ひっかけるかもしれない。船の安全航行に影響を及ぼす」との認識を示した。【樋岡徹也】

<出水市長選>渋谷氏が再選 鹿児島(毎日新聞)
警備員お手柄、東京→横浜尾行=窃盗容疑で手配の男逮捕(時事通信)
亀井氏「外国人選挙権に拒否権発動している」 反対集会で強調(産経新聞)
郵便受け物色を専門、窃盗100件以上(読売新聞)
<名古屋市議会>恒久減税など再提案 可決可能性低く(毎日新聞)

山内議員の元秘書に支払い命令 東京地裁(産経新聞)

 「みんなの党」の山内康一衆院議員(36)の元政策秘書、神武幸被告(48)=詐欺罪で起訴=に金をだまし取られたとして、神奈川県伊勢原市の元会社社長の男性が山内議員と神被告に4千万円余りの支払いを求めた訴訟の判決が13日、東京地裁であった。小崎賢司裁判官は神被告に請求通りの支払いを命じた。山内議員については請求を退けた。

 小崎裁判官は「原告をだまして融資金を取得した」と指摘。一方、山内議員については「神被告の個人的行動で、秘書として行ったことではない」とし、使用者責任を認めなかった。

 判決などによると、神被告は政策秘書だった平成20年2~3月、元社長に「資金が不足している。近く3億円の収入があり、確実に返済できる」と持ち掛け、2回にわたり計約4千万円を借り入れた。

 神被告は今年2月、架空の投資話で運送会社社長から約3千万円をだまし取ったとして警視庁に詐欺容疑で逮捕され、起訴された。

【関連記事】
参院選に元民主区議を擁立 みんなの党
みんなの党の「試金石」に 多摩市長選は壮絶三つ巴バトル
新党を「立ち枯れ?」 渡辺喜美氏がチクリ
新党ラッシュどうなる既存政党 自民は危機、民主は…
みんなの党が出馬要請
外国人地方参政権問題に一石

<超小型衛星>11年8月打ち上げ 星の位置など観測(毎日新聞)
<社民党>北マリアナ下院議長、テニアン移設歓迎 照屋氏(毎日新聞)
JR不採用 国労、解決案受け入れへ 12日に正式合意(産経新聞)
高校生の就職内定率 宮城は低迷、60%台 1月末現在(河北新報)
元税務課職員2人に逮捕状=不正経理、神奈川県庁捜索-県警(時事通信)

ウナギ完全養殖に成功=世界初-水産総合研究センター(時事通信)

 独立行政法人の水産総合研究センターは8日、ニホンウナギの完全養殖に世界で初めて成功したと発表した。卵からふ化させて成魚に育て、その成魚から採卵して再びふ化させた。再生産に道を開く成果で、かば焼きなどとして国内で人気のあるウナギの安定供給に役立つと期待される。
 同センターは2002年に卵から稚魚(シラスウナギ)まで飼育することに成功していた。 

国際化学オリンピック 日本代表の高校生4人を発表(毎日新聞)
谷垣総裁「不祥事に民主党は誰も責任を取らない」(産経新聞)
<自民党>改革色強く打ち出す 国家公務員法等改正案の対案(毎日新聞)
将棋 羽生3連覇か、三浦初奪取か…8日から名人戦第1局(毎日新聞)
子ども手当、厚労省HPに「一問一答」(読売新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。